ブログの過去記事を自動投稿する方法

みなさまおつかれさまです

早速ですが、wordpressでブログの過去記事をSNSに自動投稿するプラグインをご存じでしょうか

SNSへの投稿はアクセス向上のためには大切だと思います

SNSへ投稿したものは、時間が経過すると見てもらえなくなるというデメリットがあります

一度投稿した記事であっても再度投稿することはとても有効だといえます

そのため、そのSNS配信を自動化してくれるプラグイン「Revive Old Post」を紹介します

Revive Old Postとは

Revive Old PostとはTwitterやFacebookなどの複数のSNSに対応しております

ランダムかつ自動で投稿する投稿する記事を選び、定期的に自動にSNS配信できるプラグインです

※新規記事の公開時に配信されるわけではなく、過去の記事から定期配信するプラグインとなっております

設定方法

SNSとの連携

まずはwordpressのプラグインから「新規追加」を選択し「Revive Old Post」と検索しましょう

その後、インストールと有効化をしてください

インストールを有効化しますとwordpressの管理画面より初期設定が可能です

TwitterやFacebookなど連携アプリの認証をしましょう

今回はTwitterにて自動投稿がしたいのでTwitterと連携しました

自動投稿の設定

General settingsのタブを選択しましょう

ここで自動投稿する際の設定が可能です

1. Minimum interval between shares
自動で投稿する間隔を数字で指定できます

2. Minimum age of post to be eligible for sharing
何日以前に公開した記事を自動で投稿するかを指定します

3. Maximum age of post to be eligible for sharing
何日前からの記事を自動で投稿するかを指定します

4. Number of Posts to share
一回あたりいくつの記事を投稿するか

5. Share old posts more than once
過去に自動投稿した記事を対象にするどうか、一度でも自動投稿した記事を再度自動投稿したくなければチェックを入れましょう

最後に「SAVE]をして保存しましょう

※「RESET」を選択すれば設定のリセットが可能です

投稿のフォーマット設定

投稿のフォーマット設置はPost Formatタブを選択してから行えます

1. Post Content
投稿する際に含める内容を選択します。

2. Length
最大文字数を入力します。通常は「140」でOKです。

3. Additional Text
投稿の際に追加するテキストを入力します。例えば[過去記事]などと入れておけば、観覧者にも過去の記事であることが分かりやすく伝わるでしょう。

4. Additional Text At
上記の追加テキストをツイートの最初に表示するか、それとも最後に表示するかを選択します。

5. Include Link
投稿内容に記事の URL を入れるか。(入れなければリンクされないのでアクセスアップにはなりませんね。)

6. Fetch URL From Custom Field
カスタムフィールドに入力されている URL を入れる場合はチェックをします。

7. Use URL Shortner
投稿に入れた URL を短縮 URL にするかを選択します

設定完了

すべての設定が完了しましたら「Start Shearing」を選択しましょう

これで設定完了です

まとめ

いかがでしたでしょうか

今回は過去の記事を自動投稿するプラグイン「Revive Old Post」の紹介でした

手間なく簡単な設定で行うことができますので

気になった方はインストールしてみてください

最後までお読みいただきありがとうございました

Toshiのおすすめポイントサイト
トロフィー制度やポイントハンターなど、ポイントサイト初心者の方でも非常に貯めやすいポイントサイトとなっております
沢山ポイントを貯めて、お小遣いが欲しい方は登録必須ですよ!!!
下のバナーから登録すると、お得に始めることが出来ます
ポイントサイトのポイントインカム
ちょびリッチはゲームやアンケートでも簡単にポイントを稼ぐことができるポイントサイトです
中でも毎日誰かに当たる「ちょ日新聞」は1000ポイント以上貰えるチャンスですので必見です
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ